記事リスト

面接で見られること

ライト

受かるための努力

タレントになるためにオーディションを受ける際は、まず書類を送ります。書類はこれまでの経歴を記すだけでなく写真を添付しますので、外見も考慮されて合格者が決められます。書類審査に合格した人たちは芸能プロダクションのスタッフや番組プロデューサーの前で面接を含めたオーディションを受けることになります。タレントはテレビで映える人材が求められるため、まずは全身のバランスがチェックされます。こうしたオーディションに足を運ぶ際はスタイルが隠れる服ではなく身体のラインが分かる服を着て行ったほうが望ましいでしょう。また髪型や顔の清潔感も確認されますので、全身をしっかりコーディネートして行くことが大切です。タレントオーディションは受かる人数が決まっているものもありますので、その場合は他の志望者に張り合って勝つ必要があります。面接でインパクトが残る受け答えができるように、志望動機や特技などを事前に考えておきましょう。短い時間の中で印象を残すには、質問に具体的に答えることが大切です。例えば映画視聴が趣味の場合、フランス映画や中国映画など細かく答えたほうが自分の性格を理解してもらえるでしょう。またタレントオーディションでは共に働きたくないと思われた人は落とされますので、社会人としてのマナーを守って受ける必要があります。受け答えは丁寧に行い、面接する人と目線を合わせて話すようにしましょう。合格者はその場ではなく後日発表されます。