記事リスト

受かるための学

女性

避けるべきことの確認

個性的な人が好まれるタレントになりたい時は、独自のファッションでオーディションを受けるべきか悩んでしまいます。オーディションでは一般的に望ましいとされる格好がありますので、社会人としてマナー違反にならないように注意しましょう。奇抜なヘアースタイルをすれば他のタレント志望者よりも目を引きますから、オーディションで合格するためにも奇抜なスタイルを選択しがちです。しかしタレントのオーディションでは輪郭のラインをチェックされますので、頭の大きさが変わって見えたり顔のラインが分からないヘアースタイルをしたりするのは避けましょう。タレントは主にテレビで活躍する職業です。テレビを見ている視聴者にとって好感が持てるような顔のタレントがオーディションに受かるのです。また他の志望者より良い見栄えになるためにできるだけ気合いを入れてメイクしたいものですが、オーディションでは参加者の素材の善し悪しをチェックされます。そのため、女性はナチュラルメイクを心がけましょう。オーディションに着て行きたい服はできるだけ体のバランスが分かるものです。もちろん露出が多い服装は社会人としてマナー違反になりますから避けましょう。また面接スタッフに良い影響を与えるためにも、あまり黒いカラーの服は避けると良いでしょう。白や黄色は照明を反射してくれますから、顔が明るく見えます。タレントオーディションを受ける際に気をつけたいものは、仕事の面接を受ける際のマナーと変わりません。部屋に入室する際は三度扉をノックし、きちんと挨拶を伝えましょう。また人と会話する際は必ず敬語で話します。